映画「ビリギャル」あらすじ

工藤さやかは、学年ビリの偏差値を持っており、中学受験に成功したさやかはエスカレーター式の高校に進み、大学も進む予定だった。しかし、さやかが大学へ上がれないと言い出した教師だった。学年ビリのギャルのさやかは、母親の工藤あかりに連れられて塾へ行くことに。そこで出会った塾講師の坪田と出会い、さやかは慶応義塾大学を受けることになる。坪田はギャルのさやかの姿を見て最初は驚いたが、さやかの個性を引き延ばしながらさやかの偏差値をあげていったのだった。さやかは母親に慶応を受けると話すと、どこの慶応?と言ったのだ。学校でもさやかは慶応に合格すると宣言した。しかし、教師の西村隆はお前が慶応に合格すれば全裸で逆立ちして校庭を一周すると言い出したのだ。さやかのことをバカにしている西村を見返し、自分の人生を切り開くためにさやかは猛勉強することになる。坪田の元へ今度は森玲司が現れる。親に反抗していた玲司だが、坪田の作戦で親を逆に見返す計画を立て、玲司も猛勉強することになった。さやかと玲司は二人で励まし合いながら大学受験をすることになる。さやかは友達と遊ぶことも忘れずに毎日遊んでは勉強しての生活を繰り返していた。さやかの本気な姿が分かった友達は、さやかと遊ぶことを辞めて応援することになった。さやかはギャルを辞めて勉強し、大学受験当日、さやかは腹を下してしまい、ロスタイムが出てしまった。しかし、さやかは諦めず、苦手な分野を克服し、見事慶応義塾大学に合格したのだった。

映画「ビリギャル」感想

さやかが慶応に行くと母親のあーちゃんに話したとき、あーちゃんがどこの慶応?と言ったのがおもしろかったです。さやかが慶応のことをケーオーだと思っていたのも笑ってしまいました。学年一のビリギャルが名前も知らなかったすごい大学を受験することになり、夢を叶えた姿がとてもかっこよくて、夢は諦めなければ叶うことを思い知らせてくれるストーリーがとても良かったです。大学を受験することだけでなく、家族の話もたくさん詰まっているのがすごく見どころでした。父親は息子を野球選手にすることが目標だったのですが、息子は周りにもっとすごい人達がいると分かって野球を諦めてしまったところはとても驚きました。息子がぐれそうになったのを、さやかが慶応に合格することで、諦めない努力を教えてくれたのだと感じてとてもかっこ良かったです。父親はさやかをバカにしていたのですが、父親も最後は応援してくれて、最後のシーンでさやかが東京へ行くとき、子供の頃のように、走って背中に飛んで嬉しそうにしている親子の姿はとても感動しました。さやかをずっと見守って諦めなかったあーちゃんの姿は本当にかっこよくて、あーちゃんがいたからこそ、さやかは合格できたと思い、すごく見どころがたくさんあり、感動するストーリーになっています。